6W顕微鏡用LED照明装置













6WLED照明装置



3Wで照度の不足とお考えの方へ、6WLED照明装置を開発しました。
より多くの光量が必要とされる、偏光、位相差、暗視野、微分干渉などでの観察をされる方はぜひこの6Wをご利用ください。

2mm厚の銅板にLEDを接着しました。
6Wにつきましては色温度を6500Kを基本としていましたが調達の関係で今後は5000Kとなります。


BHTについてはLED素子部の変更で対応します。

BHTタイプ構造変更について。

今後BHTタイプはガイドピンが1本となります。
従来ピン2本で製作しておりましたが、出荷前確認を当方のBHTで行ったところ、何度も付けたり外したりしたため
構造が甘くなり、こちらで何とか付いていたものがユーザー様ではきつくて取り付けできない、ということがありましたので
確実に取り付けできるよう構造を改善しました。
写真はSZX用ですが、同じ構造となります。
3Wタイプも同じように変更となります。


ガイドピンについては対策がとれるようになりましたので、安定性のある2本で作成します。



BHSについては放熱器の拡大変更とLED素子部の変更で対応します。
この放熱器でぎりぎりのサイズです。これ以上大きく出来ません、又、小さくも出来ません。


ランプハウスの遮熱板を取り外します。ねじ止めなので簡単に外れます。


ソケットに差込んで保持金具をつけランプハウスを取り付けます。


コントローラーは1W、3W、6Wに対応します。 1WはUV対応予定です。

ACアダプターは24V、1Aにパワーアップしました。これで全てに対応です。




BHTとBHS/Uの6WLEDの照度を測定しました。
BHS/Uはミラーの清掃後再度測定しました。



温度上昇ですが、BHSで測定しました。LEDを接着した銅板の後ろのアルミ柱の温度です。
10V600mAで30分で65度に上昇しましたがそれ以上はアップしません。




BHTタイプ、BHSタイプどちらかとなります。




LEDは2mmの銅板を切り出し、両面を磨いて洗浄後放熱用接着剤で貼ってあります。

今回電流計付きコントローラは6W用4個、3W用2個をまとめて加工しました。


BHT用のアルミ板の加工は卓上ボール盤を使いますが、切り屑だらけになってしまいます。



BHTのガイドピンは垂直にねじを切るのが難しいです。

コントローラ完成、LEDは出荷前に配線します。

6Wランプハウス用LED照明装置

透過型顕微鏡、落射型顕微鏡用のランプハウス用LED照明装置を新しく用意しました。

ニコン関連照明装置も開発しています。 ”戻る” から入ってください

問い合わせ
ご面倒ですがアドレスの@後の”xxx”をカットしてください又、件名がinputとなっていますが訂正ください。


戻る

ホームへ

このサイトはリンクフリーです。
内容や写真、図表の無断使用はご遠慮ください。