BHS用高演色性9WLED照明装置













オリンパス BH−2(BHS)、

BHSへの取り付け。
従来はLEDを取り付けてからランプハウスをかぶせていました。
高演色性LEDは温度が高くなるため放熱器を大きくしました。






仮取付をして確認します。


ランプハウスは底面の金具を外します。


上面の遮熱板も外します。


ケーブル固定金具を付けた状態で取り付けを開始します。




上からケーブルを通しLEDの固定金具を緩めた状態で取り付けていきます。
取付け部のスプリングレバーは下から指で押さえます。


LEDを内部に入れてスプリングレバーを下から押さえて固定します。
最後にケーブルを固定し、LED固定金具を隙間から固定します。

かなり難しくなりましたのでランプハウスを送っていただければこちらで取り付けます。


9WLEDについては温度を抑えるためファン付き放熱器に変更します。
オプチフォト用ランプハウスで説明します。

2種類のファンを使用します。


オプチフォトには小さい方を使いました。


小さな基板はファン用の電源です。


LEDの電源から3端子レギュレータを使って6Vか9Vに変更します。
12V用ファンですので大変静かで動いているのがわかりません。
冷却効果は大きく20度以上冷却します。








ご予約、問い合わせ
ご面倒ですがアドレスの@後の”xxx”をカットしてください又、件名がinputとなっていますが訂正ください。


戻る

ホームへ

このサイトはリンクフリーです。
内容や写真、図表の無断使用はご遠慮ください。