ニコン S型用LED照明装置S−Ke、S−Ut













ニコン SーKe型用3WLED照明装置が出来ました。


BHCタイプより直径が大きくなったためLEDの冷却フィン取付構造がやや複雑になりました。
顕微鏡への取り付けはBHCタイプと同じで差込むだけです。改造などありません。


前後に調整して最適な位置でご使用ください。


放熱フィンが垂直になる様セットしてください。

Nikon−S


Nikon旧タイプ

BHCタイプより500円アップとなります。



電流計付きセットは7,200円となります。


問い合わせから発注できます。



S−Ut用


新しくS−Ut用を作成しました。
取り付けは顕微鏡本体の一部取り外しが必要です。
ここで説明します。

後部のランプ部です。
AC電源は危険ですから必ず外してください。



底板を外します。


ランプを抜くとランプの電極があります。
2本のビスで止めてあります。

このビスを外すと電極部が外れます。
この電極モジュールには両側に端子が取り付けられています。


ビスを外して端子を外します。


両側とも外します。


端子にはビニールテープなどで保護しておきます。
取り外した電極とビス、ワッシャなどは必ず残しておいてください。
元に戻す場合に必要です。


S−Ut用LEDユニットです。


突起部にスリットが入るようにパイプを絞り気味に挿入します。


押し込んでいくと先頭のアルミの円柱が顕微鏡本体の半円形の中へ入っていきますが、
コードが引っ掛かると被覆部が破れますので、手で押さえて無理のないように挿入します。
黒いフィンの部分も少し中に入れます。
アルミパイプのラインの部分まで(又はアルミパイプの黒丸印の位置まで)挿入します。



所定の位置まで挿入した写真です。


黒いフィンの1/3ぐらいは入っていきます。


点灯した状態。

S-Keよりやや難しい加工となりましたので

標準コントローラの場合5,700円

電流計付きセットは7,700円となります。




問い合わせ
ご面倒ですがアドレスの@後の”xxx”をカットしてください又、件名がinputとなっていますが訂正ください。


戻る

ホームへ

このサイトはリンクフリーです。
内容や写真、図表の無断使用はご遠慮ください。