蛍光観察用LED照明装置について2




蛍光顕微鏡の光源には水銀ランプが使われており1本のランプで各種励起光を強い照度で発光するので
便利ですが、高温になる、一旦点灯すると15分程度は消灯できず、十分冷えてからでないと再点灯できない。
寿命が短いなど不便な点も多いです。
この蛍光顕微鏡用光源をLED化して低温、随時点灯消灯でき(タイムラプスに対応予定)、長寿命化する。
又照度をコントロールすることで標本の劣化を抑えることができれば蛍光観察が容易になります。
すでにLED化した蛍光観察用照明装置はありますが非常に高価です。


対象とした水銀ランプ用電源





オリンパスとニコンに対応します。


水銀ランプのランプハウスはそのまま使用します。
対応するランプはUSH−102D、
           USH−103D、
           HBO−100W、です。
全長90mm、プラス端子径9mm、マイナス端子径7.5mmです。



BV、B、G励起セット
1本でBV、B、G励起に使えます。

BV、B、G励起、及びV励起(405nm)セット
2本でV、BV、B、G励起に使えます。
V励起とBV、B、G励起は交換して使います。

BV、B、G励起、及びV励起(405nm)UV励起(365nm)セット
3本でUV、V、BV、B、G励起に使えます。
UV励起とV励起とBV、B、G励起はそれぞれ交換して使います。

ニコン用です。
フィンの向きが違います。


確認済みのランプハウス。
水銀ランプをLEDに置き換えますのでランプハウスはそのまま使えます。

オリンパス用



ニコン用




ランプの取り付け手順について下記リンクで説明します。
ランプ取付け手順

ニコンとオリンパス用のコントローラーです。
ニコン用                    オリンパス用

ランプハウスから出ているケーブルとコネクタはそのまま使用します。
ニコン用は4Pソケットタイプもあります。

次の画像はBV、B、G励起用で撮影したものです

BV励起


B励起


G励起


上の画像ととは違う機種ですが、UVとV励起画像です。


UV励起


V励起

低温で、照度調整、点灯、消灯自在にできます。
適切な心出しをしますと大変明るいです。
特注で外部からのON、OFFコントロールが可能です。

LED仕様
         BV、B、G励起 700mA時 2.1W
         V励起(405nm)  500mA時 1.8W
         UV励起(365nm) 500mA時 1.9W

その他開発中の波長
         385nm 500mA時 1.8W
         470nm 700mA時 3W
         490nm 700mA時 3W
         525nm 700mA時 3W
         590nm 700mA時 3W
         625nm 700mA時 3W


価格

BV、B、G励起基本セット
1本でBV、B、G励起に使えます。
16,700円

BV、B、G励起、及びV励起(405nm)セット
もしくはBV、B、G励起、及びUV励起(365nm)セット
2本でV、BV、B、G励起又はUV、BV、B、G励起に使えます。
40,200円ーーー>37,000円セット値引き価格

BV、B、G励起、及びV励起(405nm)UV励起(365nm)フルセット
3本でUV、V、BV、B、G励起に使えます。
63,700円ーーー>59,800円セット値引き価格

ニコン用も同じ価格体系です。


パーツ単体価格
蛍光用LED(BV、B、G励起)    9,800円
蛍光用LED(V、又はUV励起)    23,500円
専用コントローラ(ACアダプター付き) 6,900円

受注生産となります。
2〜3週間かかります。




新しく50Wタイプサイズを用意しました。




BV、B、G励起、UV励起用です。
その他、サイズは小型ですが100W用と同じLEDです。


BV、B、G励起用



下がプラス、上がマイナスです。
放熱器を含めてベース金具はマイナスです。
放熱器のピンもマイナスですのでプラス電極に接触しないようお願いします。
写真ではピンが電極に当たるように見えますが前後に距離があります。
回転すると接触します。

UV励起用



コントローラは同じものです。


コネクターも専用の物です。



価格体系は同じです。





問い合わせ
ご面倒ですがアドレスの@後の”xxx”をカットしてください又、件名がinputとなっていますが訂正ください。


戻る

ホームへ

このサイトはリンクフリーです。
内容や写真、図表の無断使用はご遠慮ください。